--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-20(Mon)

連休が予定無しってのはちょっと寂しい

どげんかせんといかん。

折角の大型連休に引きこもってたら、僕はもう・・・

という訳で、連休を使って舞台劇を観に行こうかと画策中。
レッスン後の時間にチケットが取れれば、電車賃が一回分で済むしね!






うん、連休である必要性が皆無だ。






まぁいい、俺はmendougakiraiなんだ!
何を観に行こうかな……
少し前に劇場版も公開された、東野圭吾 原作「容疑者Xの献身」を観たいんですが、上演開始時間の問題でこれが分らない。

次点で、劇団四季「アンデルセン」。
首切り判事は残念ながら関係ありませんが、王道的な題材なので。

……テニスの王子様も実は見てみたい。




でもこういうのってやっぱり一人じゃパッとしないよなぁ……いや、一人だと没頭出来るし、集中出来ると言えば出来るけれども。
ここは一つ、王道且つ古典的に
「チケットがあるんだけど、もしよかったら一緒に観にいかないかい?(キリッ)」作戦を……!
スポンサーサイト
2009-05-11(Mon)

5/10、主観と客観。

結局は「つもり」になっているだけ。

やったつもり。
やってるつもり。
やるつもり。

そんな程度じゃ届かないと分かっているのに。
他人を蹴落としてでも上に行くと決意したんじゃなかったのか。


そんな甘言で誤魔化していたから、大きなチャンスを逃すんだ。
今日みたいな千載一遇の機会、恐らく二度は無いだろう。
今回だって、手を伸ばせば届く距離まで近付いて来たから、手を伸ばした「つもり」だった。


当然、届く筈も無い。
自身の驕り、愚昧さに心底腹が立つ。



無力を実感した以上、これからは自重していられない。
今までが全力だった「つもり」なら、これからはその倍の倍も表現しなければならない。
プロを目指す者として、妥協は許されないのだから。













そんな訳で
「 全 く 自 重 し な い Do-Dai(M@STER ver.)&エージェント夜を往く(菊地 真ver.) デュエット」
をしてきました。
相方は美希スキー
しかしこの美希、何だか壊れ気味で色々と危ない。














とりあえず、美希は絶対に「ウッヘヒャヒャヒャ!」なんて笑わない。とそもそも言うか女の子がそんな笑い方するのはどうかと思う。








気がつけば早いもので、門戸を叩いて一か月。良い事も悪い事も沢山学んでいる。
後は、それをどう活かして、どう表現するか。
全て自分に取り込んで、前へ前へ進んでいこう。
2009-05-17(Sun)

5/17、はじめての○○

雨の日は嫌いでは無いけど、好きではない。
何故かと言えば、髪がキュルンと、髪がキュルンとなるからさ!
大事な事なので何回も言う! 髪がキュルンとなるからだ!
髪がキュルンとなるからだ!!どうしてこうなった!!






そんな訳でそろそろ梅雨の気配が漂ってきた五月の中旬。
陰鬱とした空模様とは対照的に、僕の心は満ち満ちていたりします。

芝居って、本当に面白い。
体を、声を使って。感情を、情景をそこに創造する。
まるで何もない空間に、それこそ何でも築き上げる事が出来る。
―見上げれば、そこには高層ビルが聳え立ち、見下ろせば眼下には絶壁がそそり立つ。
―ノブを捻った先にあるのは厠なのか、はたまた玄関から外に出たのか。
―振り返った先に居たのは、往年の友人か、それとも往年の仇敵か。

自分の思い描いた景色を観衆の心に投影し、そこに刹那の夢想を映し出す。
そして、その夢想が突拍子も無いものである程、自分自身で知り得なかった側面を見出すことが出来る。
きっと、それが楽しいんだ。
2009-05-24(Sun)

5/24、昨日より遠く 一昨日よりオクターブ高く

すごい成長を感じる。今までにない何か熱い成長を。(AA略)




今日、台本の読みでダメ出しを頂いたんですが、どうにも私は演技中の顔が怖いらしい(表情的な意味で)
表情が硬いと、どうしても演技が死んでしまうので、これは来週までの自己課題。
笑えばいいと思うよlol





あと、トーンの強弱。メリハリをつけようとするばかりに、高かったり低かったり、ちと不安定。これも一貫性を持たせたい。
状況とかの色々なイメージを固めないと、揺らぎやすいのは確定的に明らか




来週の発表が楽しみだにゃー
2009-06-03(Wed)

5/31、鼻から出るパスタは痛い。ペペロンチーノならなおさらだ。

レッスンが終わった後に反省会と昼食を兼ねてファミレスに行くんですけど、毎回ケーキ類しか食べて無いっていうね。
昼食?何それ、甘いの?


いや、お腹は減ってるんですが……メニューを開くと、ついついデザートのページに食いついてしまう。


(あー、チョコレートパフェ……いや待て、こっちのシナモンロールも……)




Σ(´・ω・`)アッ…  オーダーお願いしまーす!>






(´・ω・`)ドーシヨー






三興 (´゚ω゚) 〒彡









~10分後~

そこには、仏頂面でチョコレートパフェとシナモンロールを頬張る男の姿が!




こんな感じで、野郎一人でモサモサと甘い物ばっかり食べてる日々でございます。

甘い物があれば疲れも吹き飛ぶ!心労も掻き消える!気分も前向きになる!

ようやく理解した!
この気持ち…まさしくスイーツ(笑)だ!
















俺がスイーツ(笑)だ!!






だけれども、仲間内の「アイツまーたケーキ食ってるよこの糖分ジャンキーが」な視線はやっぱり辛いです。
2009-06-22(Mon)

6/21、来るは亀の如く、過ぎるは豹の如く、去るは隼の如く。

日常会話の中のほんの些細な、或いは別段思慮もせず口にした言葉からでさえも、その人物の人柄は把握できるものです。

……と言いますのも、ある日某方とお話をしている最中に、とても不快な言葉が私に向けて発せられた訳でして。
その暴言に酷く傷ついた訳です。

少し仲良くなり始めたかなー、と感じ始めた矢先の出来事。
「この人とは本質では分り合えない。」
そう思わざるを得ない程に、その一言は私の心を抉り取っていきました。




昨今、「ウザい」やら「キモい」やらと、方々色々にこの様な他人を貶める意の単語を耳にします。毎日。
個人のモラルが低下している世情を反映してかは分かりませんが、こんな言葉を近くで耳にする度に私は疑念を抱きます。

他人を貶め確立する自我、それに何の意味があるんだろう?
2009-07-26(Sun)

さてさて果たして

関連一次オーディション(アーツビジョン系列各社)。
当面の目標はコレをパスして二次審査、三次審査に向かう事なんですが、正直不安です。
もしもミスしたら……とかって意味では無く、只々漠然とした不安。

なんでなんだろう、こんなにも楽しいのに。
2010-04-15(Thu)

華々しき一族

無事に基礎科から本科に進級し、んでもって本年度一発目に上記の森山薫の作品を稽古する事になりました。華麗なる一族じゃないよ!

内容は……群像劇なのかな?とりとめもない会話で構成されていますが、どこか長閑かで浮世的でコミカルで、発表当時も今もモダンな雰囲気を醸し続ける作品です。

かなーり昔の作品なので、既に著作権が失効してます。
ネット上に公開されていますので、もし興味がある方は是非に。

とりあえず女性は諏訪 役が美味しいらしいけど私には関係なかった。
プロフィール

空気王

Author:空気王


ゲーム関連とか芝居の事とか雑記とか雑記とか。
ああ悪役は楽しいな

バナー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最新記事
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。